更年期の身体に起こる便秘について

女性の多くが、便秘の症状に悩まされていると言われています。特に近年では、子供から高齢者まで、あらゆる世代の女性が悩んでおり、その症状も深刻度を増していると考えられています。
中でも、更年期を迎えた身体の女性に便秘の症状が目立つようになっています。では、更年期と関係性について考えていきます。更年期の身体に変化すると、肉体的だけでなく、精神的にも様々な不調が出現するようになります。そうした不調の1つに便の問題が含まれ、更年期に苦しむ人のほとんどが抱えているトラブルなのです。更年期と便秘の関係で、最も深く関連していると考えられているのが、女性ホルモンの乱れです。女性ホルモンの1種であるエストロゲンは、40歳を過ぎる頃から減少していくと言われています。エストロゲンは、女性らしい身体を作るために必要であったり、出産などの準備に欠かせないホルモンです。しかし、更年期を迎える頃になると、女性としての機能は減退していき、エストロゲンの働きによってバランスの保たれてきた体内環境は、大幅に変化していくのです。以上のように、エストロゲンの減少により、体内におけるホルモンバランスが崩れ、黄体ホルモンの働きのみが強くなることで、排便がスムーズに行われなくなるのです。
次に、更年期が関連する便秘症状を改善する方法について取り上げます。まず1つ目は、食物繊維の多い食事を積極的に摂ることです。ゴボウなどに代表されるような根菜類、大豆などの豆類などもおおくの食物繊維を含んでいます。こうした食材を毎日の食事にプラスすることで、慢性的な排便のトラブルを軽減させていくことができるようになります。そして2つ目は、ストレスを解消することも大事な方法です。更年期になると、精神的にも大きな変化を感じやすくなります。そうした変化はストレスになりなすく、肉体的にも悪い影響を与えてしまうのです。ストレス過多の状態になると、交感神経が活発に活動しやすくなり、腸の蠕動運動が止まります。このような状態から抜け出すためには、日々感じるストレスを軽くしていくことが役立ちます。考え方を前向きにし、嫌なことや悩み事はなるべく考えないように心がけます。さらに、運動することもストレスの解消には効果があるため、無理のない範囲でウォーキングをしたり、エクササイズに挑戦することも大切です。食事と運動など、健康的な日常を送るうえで必要な条件をクリアすることで、身体の健康を取り戻すことにつながるのです。更年期サプリランキングをチェックする